エンタテイメント・コンテンツ事業部より新年のご挨拶